News&Topics更新しました河内長野市・富田林市・大阪狭山市を中心とした南大阪地域の不動産情報ならプラス1ホーム

2017年09月05日 category : News&Topics 

節水していない人が過半数を超える

今年6月東京圏、大阪圏在住者1500人を対象に節水に対する意識を調査。
それによると、節水している人よりも節水していない人が上回り、過半数を超えた。

「節水・再利用のことは気にせず水を使っている」が14.7%となり、昨年から0.8%は減少したものの「節水・再利用は気にしながらも、特になにもせずに
水を使っている」と答えた人が37.9%となり、前年より1.4%増加。両社の合計では節水していない人が52.6%となり、0.6%増加していた。

経年変化でみてみると、1995年から2013年までは「節水していない人」が30%から40%台前半で推移していたが、近年は50%台を超え、節水の意識が低下している状況が続いている。

節水や再利用の方法をみると、最も多かったのが「歯磨き中に水を出しっぱなしにしない」「シャワーの時に水をこまめに止める」
「水洗トイレの大小レバーを使い別ける」「風呂の湯を洗濯や掃除に使いまわす」「水洗トイレで消音のための水を流さない」など・・・。

節水

Blog

Link

地域のニュース

Sponsored by

Copyright(c) 2017 河内長野市・富田林市・大阪狭山市を中心とした南大阪地域の不動産情報ならプラス1ホーム All Rights Reserved.