子供に資産を残す、3割。河内長野市・富田林市・大阪狭山市を中心とした南大阪地域の不動産情報ならプラス1ホーム

「相続に関する意識調査」によると、相続資産を子供に残したいと回答した人は3割にとどまり、「自分や夫婦で使いたい人が半数以上に上ることが分かった
被相続人(相続財産を渡す側)を対象に、相続資産について聞くと、「できる限り配偶者には残したい」が最も多く、次いで「できる限り子供には残したい」「できる限り自分で使い切りたい」が続く。<br>
また、相続対策について聞いたところ、「何もしていない」と回答した人が8割強となり、ほとんどの人がやっていない。
その理由は「対策するほどの資産がない」が半数以上となった。しかし、相続問題の発生は資産の多い少ないに関係なく起こっている。
即族対策をしている人の対策では、「生命保険の加入」「遺言書」生前贈与」の順で多かった。
一方、相続人(相続財産を受ける側)を対象に、相続資産の受け取りを期待しているは、4人に1人となった。
また、相続が発生しても8割のひとは「もめごとは起こらないと思う」と楽観視している。

前のページへ戻る

Blog

Link

地域のニュース

Sponsored by

Copyright(c) 2015 河内長野市・富田林市・大阪狭山市を中心とした南大阪地域の不動産情報ならプラス1ホーム All Rights Reserved.