地震河内長野市・富田林市・大阪狭山市を中心とした南大阪地域の不動産情報ならプラス1ホーム

万一の地震に備えて

jisin_01

地震の来襲を予想する技術は日々進んでいる状況にはありますが、今のところまだ難しい状況にあります。
それだけに、日頃から万一に備える姿勢が大切です。特に火災による二次被害が最も大きな被害の原因となりますので、火の始末には十分注意しましょう。

・門塀・・・転倒の危険がないかチェックします。 特にブロック塀などは補強しておきましょう。
・家具の転倒防止・・・たんすや食器棚などの転倒防止には安定した配置に心掛けるとともに市販の金具などで固定しておくことが有効です。
・落下物・・・家具や棚に重いものを載せることは大きな地震の時には危険です。人が下にいる可能性がある高い棚などには重いものは載せないようにしましょう。
・火気使用時・・・火を使う器具周辺は整理・整頓しておきます。また、消火器などはすぐに手の届く場所に設置しましょう。

地震が来たら

jisin_02
・まず火の始末後に身の安全確保・・・使用中のコンロやストーブなどの火を消し、机の下など身の隠し大きなゆれの終わるのを待ちます。
・出口の確保・・・地震の揺れによって窓枠や戸が変形し窓や戸が開かなくなることもあります。
できるだけ早く避難路を確保しましょう。
比較的大きな地震には本震に続いて発生する余震や、本震の前に発生する前震が起こることがありますので、ゆれがおさまったあとも引き続き注意を要します。

地震のあとの点検

・屋根瓦のずれはないか。
・基礎・外壁の亀裂はないか
・給水管の漏水・ガス漏れはないか
・建具の開閉に不具合はないか
・門扉の亀裂・傾きはないか

大きな損傷箇所が発見された時は、すぐに専門の業者に連絡しましょう。

TOPページへ戻る 前のページへ戻る

Blog

Link

地域のニュース

Sponsored by

Copyright(c) 2014 河内長野市・富田林市・大阪狭山市を中心とした南大阪地域の不動産情報ならプラス1ホーム All Rights Reserved.