資金計画河内長野市・富田林市・大阪狭山市を中心とした南大阪地域の不動産情報ならプラス1ホーム

最適な資金計画

マイホームを購入する際に、前もってしっかり考えたいのが、将来も見据えた無理のない資金計画。

購入するする時のタイミングは?
住宅ローンの金利は?
返済の期間は?
頭金はどれくらいいるのだろう?
など考えないといけないことがいっぱいです。

将来を見据えた返済計画

低金利時代の今、住宅ローンは組みやすく返済しやすくなりました。
しかし、住宅ローンは長期にわたって毎月の返済が続きます。無理のない返済を考えたいものですね。

ではどのような点に注意すれはいいのでしょう。

    ①生活に無理の出ない範囲でローン組む
    ②いくら借りられるかを考えるより、いくら返済ができるかを考える。
    ③借入金を減らすために自己資金をすべて使うのは禁物。急な出費に対応できなくなる。
    ④家族のライフプランを作成する。

金利のタイプを選ぶ

金利のタイプは大きく分けて3タイプ。

    ①変動半年ごとの見直す・・・変動金利タイプ
    ②一定期間、金利が変らす、期間終了後に再度金利のタイプを考える・・・固定金利特約タイプ
    ③返済が終了するまで、金利がかわらない・・・全期間固定金利タイプ

どのタイプを選ぶかによってリスクが異なり、返済の総額も大きくかわる。
自分にあった金利タイプを選ぶことが大切。

繰り上げ返済を考える

住宅ローンの期間は長期にするほど、当然毎月の返済額は抑えられる。
しかし、長期になればなるほど生活の状況も変わり色々な問題が出てくることもある。
子供の成長に合わせ、出費も多くなる、また高齢になってからの借り入れは退職後の収入の変化も考慮しよう。
繰り上げ繊細などを利用に月々の返済を軽くする、また返済期間を短くすることもおすすめ。

低金利時代の現在、住宅を持つタイミングとしては良いチャンス。
ただし、けっして無理な資金計画は控えよう。

ご自分で自分に会った返済方法・借入金額を計算してみよう。
『ローンシュミレーター』はこちら

TOPのページへ戻る 前のページへ戻る

Blog

Link

地域のニュース

Sponsored by

Copyright(c) 2014 河内長野市・富田林市・大阪狭山市を中心とした南大阪地域の不動産情報ならプラス1ホーム All Rights Reserved.